iPhoneでトーンモバイル!?TONE SIM(for iPhone)の使い方・機能詳細

 

TONE SIM(for iPhone)の使い方・機能詳細

 

トーンモバイルはスマホ端末(TONE端末)とSIMカードのセットで販売されていますが、iPhoneでもトーンモバイルを利用できます。

 

iPhone専用のSIMカードであるTONE SIM(for iPhone)を契約すれば、お手持ちのiPhoneにSIMカードを指すだけで、iPhoneが利用できます。

 

そこで、今回はTONE SIM(for iPhone)への使い方や機能の詳細について詳しく紹介していきます。

 

 

 

TONE SIM(for iPhone)はiPhoneに挿すだけ

 

トーンモバイルでは、iPhoneが販売されていませんが、iPhone用のSIMカードである「TONE SIM(for iPhone)」が販売されています。

 

自宅に余っているiPhoneなどがあれば、TONE SIM(for iPhone)を契約して、トーンモバイルを利用開始できます。

 

対象機種となるiPhoneは?

 

ドコモ回線を利用できるiPhone 5s以降の機種となります。

 

ドコモ以外のキャリア(au、ソフトバンク、ワイモバイル)のiPhoneを使用する場合は、SIMロック解除をしないとドコモ回線を利用できません。

 

そのため、SIMロック解除に対応しているiPhone 6s以降の機種から利用できます。

 

表にまとめると、下記のようになります。

 

ドコモ版 iPhone 5s以降
au版(※1) iPhone 6s以降
ソフトバンク版(※1) iPhone 6s以降
ワイモバイル版(※1) iPhone 6s以降
SIMフリー版 iPhone 5s以降

(※1)SIMロック解除が必要

 

MNPも可能

 

現在、トーンモバイル以外の事業者でiPhoneを利用している場合は、MNPによる乗り換えも可能です。

 

070/080/090の電話番号を持ち越したい方は、MNPで乗り換えをしてください。

 

 

 

TONE SIM(for iPhone)で支払う料金

 

契約するうえで、どれくらい料金が発生するかは気になると思います。
そこで、次はTONE SIM(for iPhone)で支払う料金を紹介していきます。

 

契約時に支払う料金

 

契約時に支払う料金は下記の3種類になります。
必ず支払うのは、「契約事務手数料」のみで、後は契約の仕方によって支払う金額が変わります。

 

支払う料金 金額(税抜き) 内容
契約事務手数料(必須) 3,000円 契約時に必ず支払う料金
SIM店頭開通手数料 3,000円 店舗で契約した時に必ず支払う料金
店頭初期設定手数料 3,000円 インターネットでSIMカードを購入した後、店舗でTONE SIMアプリの設定を含む初期設定を行う場合に支払う料金

 

インターネットから申し込みをして、自分で設定するのが一番安い方法です。
店舗で契約する場合、「SIM店頭開通手数料」の3,000円を余分に支払わないといけません。

 

月々に支払う料金(モデルケース)

 

TONE SIM(for iPhone)の月額料金は、月額基本料金1,500円(税抜き)+オプション料金だけです。
後はオプションをどれくらい付けるかによって、月額料金が大きく変わってきます。

 

実際にどれくらいの料金になるのか、モデルケースを3つ紹介します。

 

何もオプションを付けない場合
内訳 月額料金(税抜き)
月額基本料金 1,500円
合計 1,500円

 

090音声通話のオプションを付ける場合
内訳 月額料金(税抜き)
月額基本料金 1,500円
090音声(SMS付き)オプション 950円
合計 2,450円

 

IP電話で10分かけ放題にする場合
内訳 月額料金(税抜き)
月額基本料金 1,500円
TONE電話かけ放題 オプション 500円
合計 2,000円

 

本当にスマホを使えればいいだけであれば、月額料金は1500円(税抜き)と格安になりますが、090音声オプションやIP電話10分かけ放題などを付けると、少し高くなってしまいます。

 

トーンモバイルの目玉機能である「TONEファミリー」は無料で利用できます。

 

オプションをどこまで付けるかは、契約前にしっかりと検討しておくといいです。

 

 

なお、単純に格安でiPhoneを使いたいのであれば、ワイモバイルのiPhone SEなどは月額1,980円(税抜き)から利用できるので、そちらもオススメです。

 

ワイモバイルは10分かけ放題も付いているので、安全機能を考えないのであればコスパはスゴイ良いです。

 

最低利用期間は無いので、基本的には違約金が不要

 

TONE SIM(for iPhone)は最低利用期間が無いので、解約をしても契約解除料(違約金)が必要ありません。

 

ただし、090音声オプションを契約してから半年以内にMNPで他社へ乗り換える場合、MNP転出手数料が通常3000円から9,800円と高くなってしまうので、ご注意ください。

 

 

TONE SIM(for iPhone)で使える主な機能

 

TONE SIM(for iPhone)でも、安全機能であるTONEファミリーが利用できます。

 

しかし、端末時間制限(TONEのロック)、ホーム画面の変更・固定、家族サポートなどの一部のTONEファミリーの機能が利用できません。

 

利用できるTONEファミリーの機能
通常のTONE端末 TONE SIM(for iPhone)
居場所確認/移動履歴確認
ジオフェンス
アプリ利用制限
(レーティングによる制限のみ)
アプリ利用時間制限 ×
端末時間制限(TONEのロック) ×
ホーム画面の変更・固定 ×
あんしんインターネット
お迎えナビ
※ 対象機種はTONE m17、TONE m15です。
×
家族サポート ×
利用状況の把握 ×
バッテリ状況の通知
チケット購入時の通知
歩きスマホ警告
ゆるやか見守り
ライフログデータ閲覧 ×
伝言 ×
エアノック ×
無料通話

 

この中で利用できる代表的な安全機能を3つ紹介します。

 

居場所確認

 

GPSを利用して、居場所の確認をできます。

 

また、学校や塾など、あらかじめ設定した場所に移動した時(入った時、出た時の両方)にメール通知したりできます。

 

 

 

アプリ利用制限

 

アプリの利用制限が可能です。

 

ただし、「対象年齢12歳未満のアプリのみ」など、App Storeの年齢レーティングによる制限となります。

 

 

Webフィルタリング

 

子供が閲覧できるホームページを制限するWebフィルタリング機能「あんしんインターネット」が利用できます。

 

小学生・中学生・高校生の3段階で制限の設定をすることができます。

 

 

その他にも、インターネット利用時間、フィルタリング機能でアクセスをブロックした回数などを確認することもできます。

 

 

TONE SIM(for iPhone)ならお子様が安全にiPhoneを使える

 

TONE SIM(for iPhone)であれば、格安の月額料金で安心・安全にiPhoneを利用することができます。

 

自宅に余っているiPhoneなどがある状態で、お子様にiPhoneを持たせたいのであれば、TONE SIM(for iPhone)を検討してみてください。

 

料金は安くすみますし、安心・安全に使えるので一石二鳥です!