どこが違う?トーンモバイルのスマホTONEm15とm14を比較

 

TONE(m15)

 

TONE(m14)

 


 

トーンモバイルのスマホ端末にはTONE(m15)とTONE(m14)の2種類があります。

 

それぞれの端末がどれくらいの性能なのか、スペックを比較してみます。

 

端末仕様 TONE(m15) TONE(m14)
寸法 高さ147.9mm

幅74.5mm
厚さ8.6mm

高さ:151mm

幅:77.5mm
厚さ:9.5mm

重さ 165g 189g
ディスプレイ 1280×720ピクセル

5.5インチ液晶

960×540ピクセル

5.5インチ液晶

カメラ 背面1300万画素

前面500万画素
1080p動画撮影対応

背面800万画素

前面200万画素
1080p動画撮影対応

OS Android5.1 Android4.2.2
CPU MediaTek MT6735

64bit 1.3GHz クアッドコア

MediaTek MT6735

64bit 1.3GHz クアッドコア

メモリ(RAM) 2GB 1GB
ROM 16GB 4GB
外部記憶領域 microSD:32GB microSD:32GB
電源/バッテリー USB電源

バッテリー3000mAh

USB電源

バッテリー2500mAh

SIMカード nano SIM micro SIM
通信方式 LTE 3G
位置情報 GPS(A-GPS)およびネットワーク GPS(A-GPS)およびネットワーク
備考 箱に置くだけで不具合修復をしてくれる「置くだけサポート」に対応 -

 

 

LTEと3Gの違いがあるので通信速度に大きな差がある

 

m15とm14の一番の違いは通信方式です。

 

やはりLTEと一世代前の3Gでは通信速度に大きな違いがあります。

 

高速チケットオプションを使わなければ、m15とm14のどちらも500kbps〜600kbpsなのでLTEだろうが3Gだろうが、どちらでも構いません。

 

しかし、高速チケットオプションを使って高速通信をするのであれば、間違いなく通信速度が速いLTE対応のm15がよいでしょう。

 

反対にスマホはLINEやメールだけという人は、通信速度を求める必要も無いので、m14でも良いと思います。

 

 

カメラの画素数にも大きな違い

 

一昔前のガラケーでは500万画素くらいあれば十分でしたが、最近では求めるレベルが上がっています。

 

実際に見比べてみると分かりますが、1,000万画素以上のカメラで撮った画像と1,000万画素未満のカメラで撮った画像を見比べると、画像のキレイさが違います。

 

デジカメの代わりにスマホを使うのであれば、画素数が高いm15がおすすめです。

 

 

m15で置くだけサポートに対応した

 

 

m15は「置くだけサポート」という自己修復機能が、新機能として追加されました。

 

置くだけサポートはTONE(m15)を購入した時の箱にスマホ端末を置くだけで、発生したトラブルを自動で解決してくれます。

 

簡単に直るような問題でも、いちいち問い合わせして直すというのは大変なので、この機能は初心者や高齢者の方にはおすすめの機能です。

 

 

私も使ってみましたが、自動で設定を直してくれるので、とても便利な機能だと思います。

 

箱に置くだけでトラブル解決!?トーンモバイルの置くだけサポート

 

 

 

スペックにこだわらない人は安いm14、スペック重視の方はm15

 

m15とm14では1万円くらいの価格差があるので、できれば安い方を選びたいところです。

 

しかし、上で書いた通り性能の差があるので、欲しい機能が十分に備わっているかで判断しましょう。

 

【結論】
スペックより価格を取る方は
⇒TONE(m14)がおすすめ

 

スペック重視の方は
⇒TONE(m15)がおすすめ