トーンモバイルだけじゃない!?格安SIMを使った格安キッズスマホ

 

 

格安料金で使えるキッズスマホ「格安キッズスマホ」は、トーンモバイルが一番おすすめです。

 

しかし、トーンモバイル以外の格安キッズスマホの選択肢がないかというと、そうでもありません。

 

格安SIMを使うことで格安キッズスマホを作ることができます。

 

今回は格安SIMを利用したキッズスマホを紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

格安SIMを利用した格安キッズスマホの作り方

 

格安料金で使える格安キッズスマホは、トーンモバイル以外にも格安SIMとスマホを組み合わせることで作れます。

 

格安SIMによる格安キッズスマホの作り方は主に2つあります。

 

アプリによって制限をする

 

スマホ自体にペアレンタルコントロールなどの制限機能が無い場合は、アプリによって制限をかけることでキッズスマホとして利用できます。

 

例えば、無料で利用できる「Yahoo!あんしんねっと」や月額400円で利用できる「スマモリ」などのアプリを使うことで、スマホをキッズスマホにすることができます。

 

Yahoo!安心ねっとでは主に有害サイトのブロックと、アプリの使用禁止・許可や新規アプリのインストール制限などの機能が利用できます。

 

ただし、利用時間の制限などは行えません。

 

よりしっかりとした制限を行いたい場合は有料(月額400円)のスマモリがおすすめです。

 

スマモリは下記のような機能があります。

 

  • アプリの使用時間制限
  • 有害サイトのブロック
  • 決済・アプリ内購入制限
  • スマモリ専用ブラウザ以外のブラウザの使用を禁止
  • 歩きスマホブロック
  • 位置情報確認

 

格安SIMと制限機能の無いスマホを組み合わせて格安キッズスマホを作る場合、スマモリを入れた方がより安心だと思います。

 

スマホが持っている機能を利用する

 

元々ペアレンタルコントロールなどの制限機能があるスマホもあります。

 

ASUSのZenFoneシリーズは「キッズモード」という制限モードがあります。

 

キッズモードでは使用するアプリやアプリの利用時間の制限、通話相手の制限などを行うことができます。

 


指定したアプリのみ、専用画面で利用できるようになる。
アプリを利用できる時間も設定できる。

 

 


通話相手の指定もできる。

 

 

 

ただ、注意したいのはキッズモードにインターネットを閲覧した時の有害サイトブロックや位置情報把握などの機能がないということです。

 

Yahoo!あんしんねっとなどのアプリを組み合わせて利用すれば、キッズスマホに必要な機能は一通り揃います。

 

格安SIMと一緒に新しくスマホを購入するのであれば、ZenFoneシリーズはおすすめです。

 

 

ちなみにZenFoneシリーズと格安SIMを一緒に購入するなら楽天モバイルがおすすめです。

 

楽天モバイルではスマホの機種を豊富に取り揃えていますし、セールも頻繁に行っているので安く購入しやすいです。

 

ついでにスマホやガラケーの下取りなども行っているので、ZenFoneシリーズが目当ての人は楽天モバイル一択だと思います。

 

 

公式サイト⇒楽天モバイル

 

 

格安キッズスマホはトーンモバイルが一番使いやすい!

 

格安SIMとスマホを組み合わせて格安キッズスマホを作る場合、ひと手間ふた手間が必要です。

 

しかも、アプリによっては対策が不十分な場合もあります。

 

アプリにどのような制限機能があるかを把握した上で、アプリを利用しなければいけません。

 

 

そのような手間を考えるのであれば、最初からキッズスマホとしての機能を備えているトーンモバイルを利用する方がおすすめです。

 

 

 

 

 

<あわせて読みたい記事>