歩きスマホの対策に!トーンモバイルの歩きスマホ警告を設定しよう

 

 

歩きながらスマホを使う「歩きスマホ」による事故は、年々増加してきています。

 

そんな歩きスマホの対策として、トーンモバイルの歩きスマホ警告を使うことをおすすめします。

 

歩きスマホ警告は歩きスマホをすると、スマホの揺れを察知して画面に警告を出してスマホの操作を中断させるアプリです。

 

 

歩きスマホはとても危ない行為です。

 

 

このページでは歩きスマホの危険性を紹介し、その対策として有効なトーンモバイルの歩きスマホ警告の設定方法を解説します。

 

歩きスマホをついついやってしまう方、お子様に歩きスマホをさせたくない方はぜひご覧ください。

 

 

 

 

 

歩きスマホの事故ってどれくらい起こってる?

 

実際に東京消防庁管内が平成22年から平成26年までの5年間で、歩きながら、自転車に乗りながら等の携帯電話、スマートフォン等に係る事故により152人が救急搬送されました。

 

最近では歩きスマホをしていた女性が電車にはねられるなどの事故なども発生していて、年々歩きスマホをする人が増えてきているようです。

 

 

シミュレーションでも危険な結果に・・・

 

演算シミュレーションを使って渋谷スクランブル交差点で1500人に歩きスマホをさせてみるという実験があります。

 

 

 

 

 

その実験結果を見てみると、事故だらけの結果となっています。

 

もちろん、これは極端な例ではありますが、歩きスマホの危険性を十分に教えてくれるものです。

 

 

歩きスマホで加害者になってしまうこともある

 

事故に遭うだけでなく、加害者になってしまうこともあります。

 

自転車に乗りながら歩きスマホをしていて、歩行者に怪我を負わせてしまったり、停まっている自動車に突っ込んでしまったなどという事故も確認されています。

 

 

加害者になってしまうと、自動車の事故のように賠償責任が発生したり、刑務所に入ってしまうこともありえます。

 

「ちょっとくらいならいいか」と思って歩きスマホをしていること自体が、既に危険行為であると言えます。

 

 

 

トーンモバイルの歩きスマホ警告で対策をしよう

 

そうはいっても歩きスマホはついついやってしまうという方も多いと思います。

 

そこで対策として有効なのが、トーンモバイルの歩きスマホ警告です。

 

歩きスマホ警告は、歩きスマホを検知すると自動でスマホ画面に警告を表示します。

 

強制的に歩きスマホを止めさせることができるので、歩きスマホ対策としては最も有効です。

 

 

歩きスマホ警告の設定方法

 

歩きスマホ警告を使う際には、TONEファミリーから設定を行います。

 

TONEファミリーの設定画面の一番下の方に、歩きスマホ警告の設定があります。

 

「歩きスマホを検知して警告を表示する」にチェックを入れて、「設定」ボタンを押します。

 

 

 

 

これで歩きスマホ警告が有効になります。

 

 

歩きスマホをすると警告される

 

この状態で歩きスマホをしてみました。

 

すると、以下のような画面が表示されました。

 

 

 

 

使ってみると分かりますが、歩きスマホ防止には便利な機能です。

 

こんな画面がいちいち出てきたらイヤです。。。

 

 

 

歩きスマホ警告は設定した方がいい

 

歩きスマホは本当に危険な行為です。

 

しかし、それが分かっていても「大丈夫」と過信して歩きスマホをしてしまいがちです。

 

それを防ぐためには、トーンモバイルの歩きスマホ警告がとても有効です。

 

安全のために、必ず歩きスマホ警告を設定しておきましょう。