キッズスマホを比較!ドコモ・auよりトーンモバイルがおすすめ

 

 

 

子供用に安全な機能を兼ね備えているのがキッズスマホ。

 

ドコモ・auからもキッズスマホは発売されています。
(Softbankはキッズスマホが発売されていません。)

 

しかし、両社のキッズスマホと同じくらいの機能を持っているトーンモバイルは料金がさらに安いです。

 

 

【ドコモ/auのキッズスマホとトーンモバイル】

[ドコモ]SH-03F [au]miraie(ミライエ) トーンモバイル(m15/m14)

 

 

実際にどのくらいの料金の差があるのか、機能の違いはどうのかを比較して見てみましょう。

 

 

 

 

 

まずは料金の比較をしてみる

 

スマホ端末の本体代金を含め、どれくらいの料金になるのでしょうか。

 

ドコモのキッズスマホ「SH-03F」の料金

内容 料金(税込)
本体代金(24回払い) +2,376円
カケホーダイプラン +2,916円
データSパック(2GB) +3,780円
SPモード +324円
月々サポート -2,376円

U25応援割
(満25歳以下の方に適用される割引)

-540円
合計 6,480円

 

auのキッズスマホ「miraie(ミライエ)」の料金

内容 料金(税込)
本体代金(36回払い) 1,080円

ジュニアスマートフォンプラン
※データ定額(0.5GB含む)

3,909円
LTE NET 324円
合計 5,313円

 

 

トーンモバイルの料金

内容 料金(税込)
本体代金(24回払い)

m15の場合:1,242円
m14の場合:825円

月額基本料金 1,080円
090音声オプション 1,029円
合計

m15の場合:3,351円
m14の場合:2,934円

 

料金を比較してみると、トーンモバイルが一番安いです。

 

スマホ端末の料金を含めて、3,000円前後で利用できるのはとても良いと思います。

 

 

次に機能の比較をしてみる

 

各スマホの機能の内容をまとめました。

 

機能 SH-03F miraie(ミライエ) トーンモバイル
利用時間・通話時間の制限

電話・メールの制限

×

アプリの利用・ダウンロードの制限

閲覧するWebサイトの制限

歩きスマホ警告

×

防犯ブザー(*1)

リアルタイムでの位置情報把握

×

×

(*1)防犯ブザーを使った時に、位置情報が保護者に送信されるようになっている。

 

 

それぞれを比べてみると、以下の3つ2つが大きく違うところです。

 

  1. SH-03Fとmiraieは防犯ブザーを使った時に位置情報を把握できるのに対し、トーンモバイルは常に位置情報を把握できる
  2. SH-03Fとmiraieは電話・メール制限があるが、トーンモバイルは電話・メール制限はない

 

上記のような機能の違いはありますが、安全性の考え方の違いだと思います。

 

この違い以外は、3つのスマホはほぼ同じ機能を持っていると言えます。

 

 

トーンモバイルを使ったらかなり良かった

 

トーンモバイルを実際に使って思いましたが、とても機能が豊富でよかったです。

 

  • GPSでリアルタイムで位置補足をできる
  • 細かい時間帯指定や1日の利用時間でアプリの利用制限をできる
  • スマホの利用時間の制限もできる
  • Webフィルタリングも年齢に合わせて強弱が設定できる
  • 歩きスマホ警告もできる

 

このような機能を利用できるので、親がコントロールできるキッズスマホとして優秀だと思います。

 

特に端末やアプリの利用制限は、ついついスマホを使いすぎてしまうことを防止できるので、オススメ機能です。

 

 

使って分かった!子供や家族の見守り機能TONEファミリーはスゴイ

 

 

個人的な感想ですが、キッズスマホはトーンモバイルが1番おすすめです。

 

 

 

結論:1番安い上に機能も豊富なトーンモバイルがおすすめ

 

3つのスマホがキッズスマホとしてほぼ同じ機能を持っていますが、安くて機能が豊富なトーンモバイルが一番良いと思ってます。

 

エアノックのような家族でのコミュニケーションにも配慮されているところなども、個人的に好きです。

 

動画のように、スマホをノックすると親子でコミュニケーションが楽しく取れます。

 

 

 

あなたがキッズスマホの購入を検討しているのであれば、一番安いトーンモバイルをおすすめします。

 

 

 

 

<あわせて読みたい記事>