【親の不安を減らす】トーンモバイルのペアレンタルコントロール機能

 

子供が初めてインターネットを使い始める時、スマホを持ち始める時、そんな時には不安がつきものです。

 

新聞などのメディアを見ると、

 

「Webサイトで知り合った」
「掲示板で知り合った」
「LINEで知り合った」

 

といったような形で犯罪に巻き込まれたという報道を見ることも多いです。

 

親としては不安がとても大きいです。

 

 

そんな親御さんのために、子供がPCやスマホなどを利用できる範囲をコントロールするための機能が「ペアレンタルコントロール」です。

 

 

ここではトーンモバイルに備わっている「ペアレンタルコントロール」の機能について詳しく紹介していきます。

 

 

 

 

 

TONEのペアレンタルコントロール機能の概要

 

ペアレンタルコントロールは、スマホなどの機器を子供が安心して使えるように親が制限をかける機能です。

 

トーンモバイルに備わっているペアレンタルコントロールの機能は、以下の3つです。

 

  1. アプリの利用制限
  2. スマホの利用時間の制限
  3. ホームページの閲覧制限

 

それぞれを順に見てみましょう。

 

 

アプリの利用制限について

 

トーンモバイルの優れているところは、端末にインストールされているアプリ全てに対して利用制限をかけることができる点です。

 

  • アプリの使用を禁止する
  • 1日の利用時間を合計時間(30分刻み)で制限できる
  • 利用時間帯(1時間刻み)を制限できる

 

こんなことができます。

 

 

 

例えば、上記のように「YouTubeを1日1時間まで」というような設定の仕方をすることができます。

 

かなり細かい設定ができるので、子供の使い方を見ながら制限の仕方を調整できます。

 

 

スマホの利用時間の制限について

 

さらにすごい点は、スマホ端末の利用時間を制限できるところです。

 

子供が夜遅くまでスマホを触っているというような場合は、強制的にロックをかけて利用停止できます。

 

 

曜日・時間帯を指定して設定できます。

 

設定は5つまで保存できるので、こちらも使い方に合わせてうまく調整していくことができます。

 

 

 

ホームページの閲覧制限について

 

ペアレンタルコントロールでは、おなじみのホームページ閲覧制限(Webフィルタリング)です。

 

トーンモバイルでは、Webフィルタリングの制限の強さを3段階で設定できます。

 

 

こちらも、成長に合わせて設定を変えていくことが可能です。

 

 

 

ペアレンタルコントロール機能で安心!

 

スマホを子供に持たせるときは、やはり色々な心配がつきものです。

 

子供が大きくなるまでは、やはりある程度は親が見ていられる範囲でないと不安になってしまいます。

 

 

そういった心配をできる限り減らすための機能が、ペアレンタルコントロールの機能です。

 

「子供にスマホを持たせるのが心配」というような親御さんは、せひトーンモバイルを使って不安を減らしてください。